Blogブログ

キャリアについて考える

こんにちは、マネープランナーズの吉村です。今年も早いものでもう半分近く過ぎてしまったと思うととてつもなく早いですねえ。ゆっくり仕事をしていると変わり映えのなく年をとってしまいそうですが、日々前進し目標を毎年達成できるような人生を歩みたいですよね。

さて、ということで今回は“キャリア”についてお話させて頂きます。弊社のマネーカウンセリングではお金の将来に渡る計画、効率的な資産運用の方法などをアドバイスさせて頂いていますが、一方で「お金や人生の計画を考える」ということは「仕事のことを考える」ことでもあります。そのため、マネープランナーズでは定期的にキャリアカウンセリングについても社内で研修を行っています。

その中で「特性因子理論(Persons,F)」という理論が大変興味深いものであったため、今回はご紹介をさせて頂きます。特性因子理論とは以下のようなものです。

一人一人個人は必ず他の人とは異なる能力・特性を持っており、この能力や特性は測定可能である。

人はその能力・特性と職業に求められるスキルが一致すればするほど、個人の仕事における満足度は高くなる

人は自分の能力、特性に最も相応しい職業を選択する

これは日本語で言うところの「適材適所」と言われる考え方でしょうか。私の中で印象的であったのは、人には誰にでも固有の能力があり、活躍できる分野が必ずあるということです。ある人が苦手なことでも、他の人が得意かもしれない、それが組織で強みを補完しあえるとそれがチームワークになっていくということですね。

せっかく仕事をするのであれば、やはりチームで楽しく刺激的に、自分の長所を発揮できるような環境が良いですよね。マネープランナーズでもできる限り各メンバーがやりたいこと、得意な分野で活躍できるような環境を整えています。(私自身はこの会社ではウェブ集客や提携案件の推進などを担当させて頂いています。)

皆さんはそういう意味で自分にあった仕事を選択しているでしょうか?一度きりの人生、お金の計画と同じくらい仕事のこと、キャリアのことにも向き合って考えてみてくださいね。

カウンセリング相談