投資手法としての一括購入法のメリット・デメリットについて分かりやすく解説

加藤航四郎
  • 資産運用

世の中には投資方法がたくさんあります。自分がいざ始めようと考えると、複雑でどれが良いのか分かりにくい、と感じる方も多いのではないでしょうか。例えば購入の仕方にしても、一括購入と積立購入の大きく2つあります。そこで今回は一括購入について解説をします。このコラムを読むと一括購入の特徴や積立購入との比較が分かるので、自分が投資をするイメージが掴めるでしょう。

一括購入法とは

積立投資はコツコツと継続的に積み重ねていく方法ですが、一括購入とは言葉の通り、まとめて1回で購入をします。一括購入は、ある程度まとまったお金が必要になる方法ですので、投資先によって自分が出来るかどうかも変わります。よって自分のお金の状況をしっかり把握をすることも重要です。積立投資か一括購入のどちらが良いかを選ぶために、仕組みをしっかり理解をしましょう。

一括購入のメリット・デメリットについて

次に一括購入のメリット・デメリットについて深堀をしていくので、自分に一括購入が合っているのかぜひ参考にしてみてください。

一括購入法のメリット

一括購入のメリットは2つあります。
①短期間で大きなリターンが狙えるという点です。投資額が大きければ大きいほど、選んだ投資先の価値が大きく上昇した際には大きなリターンを短期間で得る事が出来ます。
②複利の効果が積立投資より大きい点です。これまでに得た利益を含めた一括投資の方が、投資の額が大きくなるため、複利効果がより狙えます。ですので、まとまったお金があって短期間で増やしたい時におすすめです。

一括購入法のデメリット

次にデメリットを3つ解説します。
①一括購入なので、まとまったお金が必要になります。投資方法によって金額は異なりますが、最低何万円からなどと決められています。
②リスクが大きいという点です。まとまったお金を捻出することでリターンが狙える方法なので、投資が失敗すると大きな損失が出てしまいます。
③手間がかかります。大きなリターンを狙う場合、投資先が今後どのように成長していくかの見極めや、経済全体の流れを把握する必要があります。知識や経験がなく一括購入をすると失敗に繋がりやすいです。これらのデメリットは必ず抑えておきましょう。

積立投資との比較

積立投資をするか一括購入をするかのどちらが良いかは、手元のお金の金額と増やすまでの期間の長さによって変わってきます。大きな金額は準備しにくい方や、20年30年と将来に向けてゆっくりと準備をしたい方は、少ない金額で続けやすい積立投資が良いと思います。積立投資と一括購入はそれぞれ目的によって、期待できる効果やリスクも大きく変わります。

まとめ

最後に一括購入が向いている方、そうでない方をFPの視点でまとめます。向いている方のまず前提として、生活に影響がないまとまったお金を準備出来ることです。余裕資金を使って短期間でリターンを狙いたい、投資の知識や経験がある方は向いていると思います。一方で、一括購入は大きなリターンが狙える分、大きな損失が出るリスクもあります。損失が出てしまうと生活に支障が出る、また損失のリスクが怖いという方にはおすすめ出来ません。積立投資と一括購入のどちらが良いかは人それぞれ変わります。自分だけでの判断や他の方の真似をするのではなく、客観的で将来を見据えたアドバイスが出来るFPに相談してみましょう。

この記事を執筆したカウンセラー紹介

加藤航四郎(かとうこうしろう)
2級ファイナンシャルプランニング技能士

埼玉県出身。
大手金融会社に入社。
お客様とお話しをしていく中で、お客様と末永いお付き合いと、より中立的な立場からの手助けをしいたいという想いからファイナンシャルプランナーに転身。
若さを武器に全国のお客様のもとへ飛び回っている新進気鋭のファイナンシャルプランナー。

〇関連記事
確定拠出年金とは?ファイナンシャルプランナーが解説します!

「ドルコスト平均法」を初心者でも解りやすく説明します!

カウンセリング相談