30代子育て世代必見!老後2000万円問題を解消する貯金方法を紹介

小峰一真
  • 資産運用
  • 資金計画

「老後は公的年金にプラスして2000万円必要」と金融庁が発表し、大きな社会問題へと発展したことは記憶に新しいでしょう。今でも「老後2000万円問題」について深く掘り下げた記事やコラムを多く見かけます。老後に備えてある程度の金額の貯金は必要ですが、働き盛りの30代子育て世代ができる貯蓄方法として、どのような方法があるでしょうか。

老後2000万円問題とは

老後2000万円問題は、2019年6月に金融庁が「老後には2000万円の貯蓄を切り崩すだろう」という発表が発端となりました。年金をはじめとした社会保障が不確実なものとなり、現役世代の給与所得は年々下がる一方で、2000万円という貯金をどうやって貯めるのか、本当に2000万円も必要なのかどうかが大きな話題になりました。

2000万円という金額の是非はともかく、この金額を目安にこれから貯金をしなければならないと思った方も多いのではないでしょうか。

30代は子育てや住宅など掛かるお金がたくさん

働き盛りの30代のうちは、できるだけ収入を貯蓄にまわし、将来に備えようとするかもしれません。しかし、結婚して家庭を築く場合、結婚式から始まり、不動産、自家用車、教育費など、他の世代と比較しても挙げればきりがないほど必要な出費が多いのが30代でもあります。

それでも上手に貯金をしないと

金融庁は「老後に2000万円必要」という発表をすでに撤回しています。しかし、今もなお議論の対象となり、この金額を目安にお金を貯めようとする人も出てきています。公的年金だけでの暮らしがすでに難しいと推測できる以上、30代のうちからうまく貯金をしなければ、老後のお金が足りなくなる可能性があります。

老後2000万円問題を解消する貯金方法

何かと出費の多い30代でも貯金を増やすことは難しくありません。30代の今だからこそできるおすすめの貯蓄方法をご紹介します。

金融機関の定期預金

オーソドックスな方法ですが、最も身近で確実に貯められる点で定期預金がおすすめです。毎月一定の額を給与から天引きして貯蓄していきますが、金利が極端に低いので、預金を元手に収入を増やそうとするのは難しいかもしれません。

とはいえ、株やFXのように突然価格が高騰し利益が出る可能性がなければ、損失が出ることもありません。ローリスクローリターンでも確実に貯めたい方はお手持ちの銀行口座の定期預金を積極的に利用しましょう。

iDeco

iDecoは26~60歳で一定の条件をクリアーすると加入できる個人型確定拠出年金制度です。老後に受け取る年金を公的年金とは別に自分で年金を積み立てるという意味で、いわば「私的年金」とも言えます。

毎月一定の金額を掛けてそれを元手に投資信託などの金融商品を選んで運用し、60歳を過ぎたら公的年金に上乗せして給付を受け取ることができます。ただ、一度利用を申し込むと、途中で解約ができない点は要注意です。

外貨預金

日本の通貨ではなく、海外の通貨で貯蓄を増やす外貨預金。超低金利の日本で貯蓄を増やすよりも、金利が高い海外で貯金した方が手元に残る資産は増えやすくなります。

リスクとしては、為替の変動で円高による差損が起き、元本割れする可能性があることです。ただ、老後は海外旅行を楽しみたいという方は、外貨預金を引き出すこともできるので、使い方次第ではメリットの大きい貯蓄方法と言えます。

まとめ

老後の貯金の増やし方をご説明しました。
貯金を増やすためには、収入を増やすだけでなく、出費を減らす努力も必要です。自分に合った貯蓄方法が知りたい方や、出費を減らす方法について気になる方はファイナンシャルプランナーにお気軽にご相談ください。

カウンセリング相談