年金受給の繰り下げ制度はメリットがあるのか?FPが詳しく解説

将成吉村
  • 資産運用

人生100年時代といわれる今、老後の生活資金に不安がないという方は少ないと思います。先の長い老後に備えるには、65歳からの老齢年金をどのように受け取るかが非常に重要です。今回は、年金の繰り下げ受給制度について、年金の繰り下げとはどのようなものか、そのメリットや注意点を解説します。

年金受給の繰り下げ制度について

65歳から受け取れる老齢年金には、国民年金から受け取れる「老齢基礎年金」と、厚生年金から、老齢基礎年金に上乗せして受け取れる「老齢厚生年金」があります。

年金の繰り下げ制度とは、65歳から受け取れるこの2つの老齢年金の受け取り開始日を、あえて遅らせる手続きのことです。これにより、遅らせた月数に対して0.7%ずつ、老齢基礎年金や老齢厚生年金の受給額をアップさせることができます。年金の繰り下げができる期間は、最短で1年から最長5年(70歳まで)です。

 

年金の繰り下げ受給のメリット

それでは、年金の繰り下げ制度を活用するメリットをご紹介します。

メリット①:年金の受給額が最大42%アップする

年金の繰り下げによる最大のメリットは、受け取れる年金が増えることです。
ひと月繰り下げる(遅らせる)ごとに、受給できる年金額に0.7%を掛けた金額が増額されますから、最大5年間繰り下げを行えば、受給額は42%までアップさせることができます。
たとえば、老齢基礎年金の受給額が78万円の人が年金の繰り上げを5年間行った場合、70歳から受け取れる老齢基礎年金は110万7,600円になります。

 

メリット②:繰り下げによる増額は一生受け取れる

繰り下げによって増えた年金の受給額は、生涯減ることはなく、亡くなるときまで増えた金額のまま受給し続けることができます。
さきほどの年間78万円の受給額の例であれば、70歳から亡くなるときまで、ずっと110万7,600円を受け取ることができるということです。
ちなみに、受給額の増額分だけで計算すれば、繰り下げを開始した年からおよそ12年で、受け取れる年金の総額が逆転するといわれています。年金の繰り下げ制度を活用したあとは、長く生きるほど得をするというわけです。

 

メリット③:繰り下げ期間を選べる

年金の繰り下げを行うと、最初の1年間(66歳まで)は年金を受け取ることはできませんが、66歳からは、1ヶ月単位で繰り下げを行えるようになります。

このことから、「年金の繰り下げを始めたものの、やっぱり年金が必要だ」となったときは、66歳以降であれば、いつでも繰り下げをやめることができるということです。

また、受給額の全額を繰り下げる必要もありません。
老齢厚生年金、老齢基礎年金の両方を受け取れる方は、老齢厚生年金だけ受け取りながら、老齢基礎年金だけを繰り下げることもできますし、その逆も可能です。

 

実はメリットだけではない

年金の繰り下げには、2つの注意点があります。1つ目は、年金の繰り下げによる増額が、そのまま手取りにならないという点です。
年金による収入にも、税金と社会保険料が発生します。

まず所得税や住民税は、65歳以降の年金収入が120万円以下であれば非課税です。
もし繰り下げによって年金収入が非課税限度額を超え、所得税・住民税それぞれの控除額を差し引いても超過分を相殺できなければ、せっかく増えた年金からこれらの税金を支払わなければならない場合があります。

また、市町村などに支払う健康保険料や介護保険料も、前年の収入から決定するため、年金収入が高ければ、その分保険料の負担も増える可能性があります。

「繰り下げを開始した年からおよそ12年後に受け取れる年金の総額が逆転する」という話は、あくまで増額分だけに着目した話で、税金や社会保険料の負担増を考慮した「手取り」に着目すると、逆転する年数はもう少し先になる可能性があります。
2つ目は、繰り下げによって受給できなくなる年金がある点です。
生計維持関係にある配偶者をもつ厚生年金加入者には、「加給年金」という年間約39万円の年金が受け取れる人がいます。ところが、この加給年金は、老齢厚生年金を繰り下げてしまうと支給されません。

もし加給年金を受け取れる要件を満たしている人は、繰り下げによる総額と、受け取れなくなる金額をよく比較して選択しないと、繰り下げによってかえって損をするケースがあるということです。

今回、加給年金の受給要件は省略しますが、夫妻ともに要件がいくつかあるので、詳しくは専門家に確認しましょう。

 

まとめ:年金の繰り下げ受給はプロのファイナンシャルプランナーと相談しよう

年金の繰り下げは、どのくらい続くかわからない老後の生活を、より安心なものに変えられる非常に魅力的な制度です。
ポイントは、年金の繰り下げによって増額される金銭だけに目を向けるのではなく、繰り下げを行うことによって、増える支出、受けられなくなる他の年金などを総合的に考えることにあります。「うちは年金を繰り下げた方がいいのか」、「繰り下げるなら、何歳まで繰り下げたらいいのか」という疑問に対する答えは、家族構成やこれまでの年金の加入状況、老後の収入などで変わります。老後の大切な資金をムダにしないよう、年金の繰り下げ受給は、プロのファイナンシャルプランナーに相談しましょう。