【FP目線で解説】投資信託の見分け方② 安定性の見分け方を知る

小峰一真
  • マネー
  • 資産運用

 

iDeCo(イデコ、個人型確定拠出年金)やつみたてNISA(少額投資非課税制度)などの中核商品として注目を集めている投資信託。プロに運用を任せることができ、少額から分散投資できるので初心者でも始めやすい金融商品です。

 

しかし、国内の投資信託の数は6,000本以上あり、何を基準に選べばいいのか迷われる方も多いと思います。今回は投資信託の安定性から次の2つをご紹介します。

 

①純資産総額

②シャープ・レシオ

 

ぜひ投資信託を選ぶ際の参考にしてみてください。それでは、それぞれ詳しく解説していきます。

 

1.純資産総額で投資信託を見分ける

 

純資産総額とは、ファンドの大きさです。ファンドで投資している株式や債券の価格を合計し、配当や利息を加えて運用手数料(信託報酬)を引きます。具体的な計算式は以下のようになります。

 

  • 純資産総額=株式・債券の時価+ 配当金・利息―コスト(信託報酬など)

 

一般的に、純資産総額が大きいファンドを選ぶべきです。それは、以下の2つの理由からです。

 

1)十分な分散投資ができる

 

資産規模が大きければ多くの銘柄に投資できるので、分散効果が高まります。

 

2)経費率を抑えることができる

 

純資産総額が大きければ、投資信託の経費率(純資産総額に占める経費の割合)を抑えることができます。例えば、運用報告書の作成や監査費用は、純資産総額が1,000億円でも10億円でも変わりません。コスト負担は、純資産総額が大きくなるほど軽くなります。

 

それでは、純資産総額はどの程度を目安にすればいいのでしょうか。

純資産総額10億円以下は購入しない

 

まず、10億円に満たない投資信託は購入対象から外すべきです。純資産総額が小さいと繰り上げ償還のリスクが高まるからです。繰り上げ償還とは、事前に決められた償還期日を迎える前、あるいは償還期日がない無期限ファンドであるのに償還されてしまうことです。

 

償還されると、投資信託で運用することができなくなってしまいます。

純資産総額30億円はコストを賄えるギリギリのライン

 

投資信託を運用する際にかかるコストを、ギリギリ賄える純資産総額が30億円といわれています。ただ、30億円ギリギリでは、解約がでたり保有資産が値下がりしたりすると、簡単に30億円を割り込んでしまいます。

純資産総額100億円以上なら分散投資の効果が高まる

 

純資産総額が30億円以上あればコストを賄うことができますが、分散投資の効果が十分発揮できるのは純資産総額が100億円以上です。ただ、純資産総額が十分でも何カ月にもわたり減少している投資信託は要注意です。

 

保有資産の下落によるものなのか、解約が増加しているのか調べ、解約が増えているようなら、その原因を確認するようにしましょう。

 

2.シャープ・レシオで投資信託を見分ける

 

シャープ・レシオとは、投資信託がどの程度のリスクを取りながらリターンを得ているかを測る指標です。計算式は以下のようになります。

 

シャープ・レシオは大きいほど資金効率が良いとされ、1を超える投資信託は優秀といわれています。また、投資信託同士の比較に使われます。

 

例えば、次のような2つの投資信託があったとします。

 

  • 投信A リタ―ン7%   リスク10%
  • 投信B リタ―ン12%  リスク 25%

 

無リスク資産の収益率を2%とします。

 

一見、リターンの高いBの方が有利に見えますが、同時にリスクも高くなっています。シャープ・レシオで比較して見ましょう。

 

  • 投信Aのシャープ・レシオ

 

(7ー2)÷10=0.5

 

  • 投信Bのシャープ・レシオ

 

(12-2)÷25=0.4

 

シャープ・レシオは投信A0.5、投信B0.4となり、投信Aの運用効率が優れていると判断します。シャープ・レシオはモーニングスターなど投資情報サイトで確認できます。

 

3.まとめ

 

今回は、投資信託の見分け方として純資産総額とシャープ・レシオをご紹介しました。

 

純資産総額は、大きいほど分散投資の効果が期待できます。一方、10億円未満は繰り上げ償還のリスクがあるので注意が必要です。また、シャープ・レシオは投資信託の比較を行うのに便利な指標です。投資信託を購入する際の参考にしてみて下さい。